デザイン性に優れているばかりでなく、使い勝手や細部のディテールにまでとことん追求した創造者「ヘニング・イヴァーセン」氏が手掛けた作品のひとつ。ヨーロッパのストーブ独特の縦型ストーブでありながら、縦に三つコンパートメントに分かれており、上段はシチューやパンなどを遠赤外線オーブンととして温められる、蓄熱性に優れたソープストーンシェルフを持つゆったりとした空間のべークオーブン室、中段は大きな曲面ガラスを採用した燃焼室、下段は薪などを収納するウッドコンパートメントスペースによって構成されています。下部にあるモールデインクと一体化したドアーハンドルレバーによって、より滑らかなフォルムを演出します。
さらに、耐火煉瓦の床前面部分を滑らかな突起形状にした薪落下防止ガードを採用することにより、大きなガラスを通して揺らめく炎を違和感なく、ソフトに眺められるよう、視認性を高めるきめ細かい配慮がなされています。それ故、多くの女性ユーザーの間で圧倒的人気を博している、コンテンポラリーなスチールストーブです。

商品名SCAN40CB
メーカー名SCAN (スキャン)
燃焼方式/種類クリーンバーン方式
ブラック
寸法(重量)W576×D496×H1,110 (重量130kg)
燃料
最大熱出力6,880kcal/h
暖房目安20-120㎡
最大薪長さ35cm
価格(税抜)570,000円/ブラック